近年のアルバイト事情

アルバイト求職者

アルバイトの求職者はさまざまですが、10代の若年層は欠かせない存在です。
アルバイトを選ぶ際ポイントになることは「時給」、「職場へのアクセス」、
「やりがい」、「シフト」などが挙げられますが、若年層求職者について考えると
このような基準で選んでいるのでしょうか。

女性にとって人気のジャンルはカフェスタッフで、約半数近くが希望しています。
カフェスタッフに続いて事務、イベント・キャンペーンスタッフがランクインを
しています。
男性は仕分け・梱包・製造が人気で、コンビニスタッフは男女ともに人気の
アルバイトとなっています。

しかし、いくら人気があっても激戦の求人案件となるため、実際に働くことは
難しいものです。
実際にアルバイトとして働くとなると、コンビニスタッフやファミレススタッフが
多いようです。
それではフリーターはどのような基準でアルバイトを選んでいるのでしょうか。
近年の不況影響を受け、フリーターの中で正社員志向が高まっています。

フリーターに対して「将来に対して不安を感じているか?」とのアンケートに、
7割以上が「不安を感じている」と答えています。
そのため、フリーターにとって正社員登用制度を持った企業が人気となっています。
また、現在はアルバイトをする主婦が増加しており、60%以上が就業していると
言われています。
主婦層の希望職種は事務・受付などのデスクワークが人気で、それに続いて
医療・福祉、外食産業となっています。事務・受付は結婚前のスキルが活かせる
ことから人気となっているようです。

LINK

tainew.comバナー