近年のアルバイト事情

採用難

株価の上昇や失業率の低下など日本中に明るい話題が増えつつありますが、
それに伴って新たな問題が発生しています。
その代表的なものは企業の人手不足です。各企業はアルバイトの獲得のために
これまで以上の採用費を投入していますが、採用が難航しているというのが現状です。
特にこういった問題に直面しているのが、コンビニエンスストアや飲食店などの業界で、
いくら人材を採用しても教育する時間が確保できなければ意味がありません。
優秀な人材を確保するために時給を上げたり、求人広告を出したりすることは
店舗経営の負担となってしまいます。サービス向上や新たな店舗展開のための
人材採用が企業にとって不可欠なことなのです。

新規店舗のオープニングスタッフを求めるために求人案件を出す企業は多いものですが、
その際にはスピードが非常に求められます。
新規店舗のオープンに合わせてアルバイトを集めなければ、開店自体を延期しなければ
なりません。
そのために企業は応募者からの申し込みを、24時間365日受け付けるシステムが求められます。

また、飲食店のチェーン店では各店舗の店長が一任されている場合がありますが、
同じ条件であったとしてもそれぞれの店舗によって応募がバラつくこともあります。
これはどの求人媒体の費用対効果が高かったのか把握できていないケースが考えられます。
このように費用対効果を考えずに求人広告を出すことで、優秀な人材の確保を
妨げてしまうこともあります。

LINK

tainew.comバナー