近年のアルバイト事情

採用費高騰

アベノミクスや景気回復の兆しが見えたため、アルバイトの求人案件が
急増しています。
そのため有効求人倍率が1以上となり業界全体が人手不足となっているため、
企業の採用費が上昇しています。

企業にとってアルバイトは欠かすことのできない労働力で、特に若年層を必要と
していますが、せっかく採用しても数日で辞めてしまうケースは少なくありません。
企業としてはしっかりと定着してくれる若年層アルバイトの獲得に力を入れています。

そのために面接の段階で「お客様に対して笑顔で接客ができるか」など、職場の環境や
業務内容を的確に伝えるように務めています。
さらに「アルバイト同士の懇親会などが行われているが、そういったものに抵抗はないか」など、
業務内容以外の部分も明確に伝えています。

実際に働き始めてからも濃密なコミュニケーションを図ることが大切です。
これまで新人が入った場合、ベテランのスタッフに「業務を教えて欲しい」
といったように放任するケースがほとんどでしたが、新人がどこの学校へ
通っているのか、どのような人間なのかなどを丁寧に紹介しています。

こういった濃密なコミュニケーションを図ることで新人の意識が向上し、
ほかのスタッフも受け入れる姿勢ができ上がるのです。そして、親しい関係を
築くことで長く働いてもらえ、厳しい言葉も受け入れてもらえます。現在の企業は
採用費だけでなく、こういったコミュニケーションの部分にも力を入れることで
アルバイトの育成を行っています。

LINK

tainew.comバナー